いまだにセロリというやつは食えない

誰にでも1つや2つは「これだけは食べることができない」というような苦手な食べ物があるものですが、私の場合はそれはセロリです。

このセロリという野菜だけは、いまだに食べることができません。

セロリのダメなところ

何が嫌いかというと、やはりあの青臭いニオイです。臭すぎてまったくダメです。

口に入れて噛みしめた瞬間に広がるあの凄まじい不快なニオイは鳥肌が立つくらい大嫌いです。

食感や味自体はそんなに嫌いでもないのですが、あのニオイだけはたまりません。

私の周囲の人間もほとんどは嫌いだと言っていますが、でも実は私の妻はセロリが大好きで、よく生でマヨネーズをつけてボリボリ食べています。

よくそんなのを食べられるなと思いますが、妻が言うには彼女も昔は嫌いだったそうですが、大人になってから食べられるようになったみたいです。

子供の頃には、やはりニオイが嫌いだったそうですが、大人になるとこのニオイが快感に感じるようになったと言っています。

大人になると酒やタバコが快感になるのと似たようなことなのかもしれません。

たまに出てくるセロリ料理

私は子供っぽいのかもしれませんが、でもやっぱり嫌いなものは嫌いです。しかし、妻は好きですから、セロリ料理がたまに食卓に出てきて困ります。

この前はカレーライスにさりげなく入っていました。カレーに入れれば、ニオイも目立たなくなるからと妻が入れたのですが、あのニオイはカレーごときでは中和されませんでした。

噛みしめると例の嫌なニオイが口の中に充満し、カレーのニオイをぶち壊してくれます。

カレーライスは大好きなのですが、このニオイのせいで全てぶち壊しです。結局、完食できずに残してしまいました。

あと、一番嫌なのが、酢漬けで出されるものです。ニオイ自体はもちろん最悪ですが、酢漬けにすると味も不味くなります。

酢漬けは合ってないです。完全なミスマッチで、あれを酢漬けにしてはいけないと私は思います。

セロリを超える最悪の野菜

しかし、私は最近、セロリを上回る最悪の野菜を発見しました。それはゴーヤという野菜です。

沖縄とかでよく食されるらしいですが、私は今まで全然食べたことがありませんでした。しかし、友人の家で初めて食べる機会に恵まれたのですが、一口食べた瞬間にその不味さに驚愕しました。

まず食感が最悪です。なんとも言えない歯切れの悪い柔らかい食感で気持ち悪くて鳥肌が立ちました。そして味も不味いことこの上ないです。

苦い汁が口の中に広がり思わず吐きそうになりましたが、友人の手前必死でこらえました。

ビールをガブガブ飲んで口の中を中和しましたが、しばらくあの気持ち悪い食感と苦みが口の中に残り不快でした。まさかあんな不味いものがこの世に存在するとは思いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です