自分でコーヒーをドリップするのにハマっている

最近、自分でコーヒーをドリップすることにハマっています。

きっかけは、もともとコーヒーは好きだったのですが、よりこだわりを持ちたいと感じていたからです。こだわるならば淹れかたからこだわろうと思いつき、ドリップを自分でして飲むようにしています。

今まではインスタントコーヒー派

それまでは、インスタントコーヒー派でした。インスタントは本当に手軽で、粉をお湯で溶かすだけで手軽に飲むことができます。

ある程度高いインスタントであれば、インスタントであってもそれなりにおいしいです。しかし、やはり気持ち的にインスタントは何か手抜きをしているような感覚を覚えます。

やはり、好きならとことんこだわりたいというのが私の考えであるため、ならば淹れるところから始めようと感じるようになりました。

妻も喜んでくれています

私は、自動でドリップしてくれる機械を使うのではなく、自分でお湯を注いで入れるようにしています。最初はコツが掴めなかったため、味が良く出なかったのですが、慣れてくるうちに自分の好みの味を出せるようになってきました。粉の量や粉を蒸らす時間なども、感覚的に覚えてきたので、今なら自分好みの味を出すことはできます。

うれしいのは、妻に淹れてあげるととても喜んでもらうことができる事です。

やはり、普段家事をやっている妻にとって、誰かから何かをやってもらえることはうれしいらしいので、自分でも積極的に淹れてあげるようにしています。

妻もコーヒーが好きであるため、とても喜んでくれます。一緒の時間をとれる時には、二人で私が入れた物を飲んで休息することもあります。

これがインスタントであれば味気ないかもしれませんが、自分が淹れた物であることから、何となくその時間も至福の時であると感じます。

もっとこだわりを持っていきたい

現在はカップにはこだわりを持っていませんが、次はカップやドリップ、フィルターなどにもこだわっていきたいと思います。

色々な種類がありますので、それぞれの利点を把握しながら、自分の好みに合うものを見つけていきたいです。

木かいとは違ってそこまで値段的には高いものでもありませんので、少し試しに買って違いを実感してみるのも良いかもしれません。

趣味としてもなかなか奥が深く、実際に飲むので実用性も高いです。それに、充実した感じを味わえるので、これからも極めていきたいと考えています。

自分でコーヒーをドリップするという趣味は、私にとっては生活の一部となりつつあり、それが仕事への活力にもつながっているので、良い傾向です。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ