書類

ドキドキの有給休暇申請

日本では有給休暇の制度がありますが取りにくいことで有名です。

私の職場でも有給休暇を取っている人は少数派です。職場の人たちは何か急な用事があるときにだけ有給休暇の制度を利用しています。

日本での有給休暇

本来はゆっくり体を休めるための制度のはずです。しかし日本ではなぜか職場の人たちに迷惑がかかると考えられており取りにくい傾向があります。

アメリカやヨーロッパなどでは数週間から数か月の休暇を取るのが当たり前です。海外では誰かが長期の休暇を取っても他の人が仕事を補う仕組みが存在しますが、日本にはありません。

私の職場では残業も多くある程度の時間がきたらタイムカードを切って働きます。休日も人手が少ないため無給で出勤することがあります。

職場で働く者同士お互いに助け合う精神は素晴らしいと思いますが、十分に休養できないと体が参ってしまいます。日本でも長期的な休暇が可能となるための現実的な仕組みが必要です。

現実的に国が動くべき

例えば有給休暇の取得状況を国に申告するなどの制度を設ければ、もっと取得率は上がると思います。企業が効率的に経営を行うために人件費を削るのは一般的なことですが、誰かが休暇を取った場合に仕事を引き継げないようでは困ります。職場の人員にはある程度の余裕が必要です。

職場の人たちが忙しく働いている中で休暇の申請をするのは緊張しますが、労働者の権利を行使できないのは問題だと思います。なるべく休暇を申請しやすい体制を整える必要があります。

日本経済は長期的な不況と言われていますが、働くばかりでお金を使う機会がなければ経済は回りません。みんながきっちり長期的な休暇を取って旅行に行くなどでお金を使うようになれば、経済も上手く回るようになります。

また長期的な休養で体力をしっかり回復させれば、仕事の効率も高まります。人間には働くだけでなく休養も必要です。

労働と休養のよいバランスを実現できれば、みんなが豊かに暮らせるようになります。私もできれば長期的な休養が欲しいです。

休息は仕事の効率を上げる

日本人は頑張りすぎだと思います。例えば勉強などで結果を出すには、結果を出すための効率的な学習方法を習得することが重要です。

計画的で効果的な学習方法が身についていなければ、何時間学習を継続しても結果を出すことはできません。

また日本のプロ野球選手はアメリカの選手と比較して選手寿命が短いとされています。これは日本の野球選手が中学生や高校生の頃にかなり無理な練習を繰り返すことが原因と言われます。

人間が結果を出すには休養が必要です。私の職場にも有給休暇を取りにくい空気はありますが、勇気を出して申請してみたいと思います。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ