コーヒー

給料日前は缶コーヒーも我慢

給料日前になると、財布に1,000円も入っていないという人は多いでしょう。自分自身もまさしくそうであり、給料日の5日前くらいになるとカツカツになります。収支のバランスは把握しているつもりですが、予期せぬ出費が重なってしまうのです。今月は計画通りだと思っていても、急な出費がやってきたりします。そうして給料日前になると小銭もほとんどなくなり、缶コーヒーも我慢する生活になるのです。コンビニで買えば安いと思うかもしれませんが、缶コーヒーを1本だけ購入するのは抵抗があります。しかし、自販機で130円を出して購入するのも抵抗がありますから、結局は我慢しています。

お金は予期せぬタイミングで出ていく

こうして毎月の収支のバランスを反省してみると、本当にお金というのは予期せぬタイミングで出ていきますし、貯金計画も思い描いたようにはいきません。月によってはお小遣いが余ることもあるのですが、その翌月に大きな出費があったりします。どうやら人間というのは、使えるお金に対して生活レベルを合わせる傾向があるようです。おそらく今の自分の給料が2倍になったとしても、やはり給料日前にはお金がないと言っているのでしょう。

浪費癖

毎月同じことを繰り返している自分を思うと、少なからず浪費癖があるようです。財布にたくさんのお金が入っていると気持ちが大きくなって、ついつい衝動買いをしてしまうのです。そしてあとから後悔することが多々あるのですが、うまくやりくりすれば大丈夫などと楽天的に考えてしまいます。しかし、最初に高額のお金を使えば、あとから我慢をしなければいけません。給料日前になると缶コーヒーすら我慢している毎日ですが、根付いた習慣というのは簡単には変えられないのでしょう。

缶コーヒーのまとめ買い

そこで最近は缶コーヒーをまとめ買いするようにして、自宅から持っていくようにしています。この方法だと格安でまとめ買いができますし、1日2本ずつ飲んでも給料日まで間に合わせることができます。冬場になるとホットが飲みたくなるところですが、ここは我慢をしています。
あとは小銭を貯める工夫をしており、ある程度硬貨が貯まったら銀行に預金しています。1円や5円、10円などはなるべく使うようにしていますが、この理由はたくさん貯めても大した金額にならないからです。50円以上の硬貨をコツコツと貯めているのですが、思いのほかよく貯まっています。缶コーヒーを購入したつもりになって硬貨貯金をしていくと、月末にはけっこう貯まっています。

ワイングラス

義両親と突然のディナー

私の妻は基本的に私の予定を聞かずに勝手に予定を組むところがあります。

私はあまり家族で遊べる場所や子どものためのイベント情報を知らないため妻が調べて予定を立ててくれることには感謝していますが、予定を立てたなら私にもきちんと教えて欲しいのですが、いつも直前に伝えられることが多いのです。

突然のイベント

そのため、私は内容をよく聞いていない外出や突然のイベントなどが多く、そのような突然やってくる状況にだいぶ慣れてきました。

ですが、やはりいつまでたっても慣れないこともあります。それは、義両親との突然の食事です。

実はつい先日も妻から突然、今日私の両親とディナーに行く約束をしているからと言われたのですが楽しそうに洋服を選ぶ妻とは対照的に私の心はまたかという思いでいっぱいでした。

とはいえ、別に義両親と仲が悪いとかそういう訳ではありません。

いたって普通の関係を築いているつもりではあります。ただ、やはりいつまでたっても慣れないものは慣れないのです。

苦手なタイプ

特に義理の母は私の苦手とするタイプで、よく喋るのはいいのですが私の趣味やあまり聞かれたくないことも根掘り葉掘り聞いてくるところがあり会話をするのが疲れる時があるのです。

とはいえ、決定してしまった以上は腹をくくるしかなく泣く泣く準備をして出掛けることに。

そして、お店につきとりあえず食事を食べ続けて早く帰ろうと思っていたのですが、義両親が頼んだのはなんとコース料理で早く帰るという目標は出だしから打ち砕かれました。

それもメニューは私の意見は無視なのか既にコースの内容は決められていました。それならばお酒に逃げ道を見つけようと思いアルコールのメニューを見ていたのですが、隣から今日はアルコール禁止だという残酷な言葉をいただきました。そのため、仕方なくノンアルコールで辛い時間を過ごすことに。

心の準備

そして相変わらず義母から色々言われ、ディナー代も全て払わされメンタル面がズタボロにされて帰ってきました。

帰り道で子どもと楽しそうに料理が美味しかったと話しをする妻。私とは正反対でとても有意義な時間だったようです。

基本的に突然の予定や私に何も言わずに色々決めることも、慣れてきましたがやはり義両親関係だけは心の準備をさせて欲しいので勇気を出して、そのことを伝えてみました。

すると何と、来月も食事の予定を入れてあるからと言われました。絶句してしまいましたが、まだ来月であれば心の準備をする時間がありそうです。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

ラーメン

ラーメンはもっぱら豚骨派

現在、自分がハマっていることの一つにラーメンの食べ歩きがあり、街中の看板をよく見ながら駅周辺を歩くことが多いです。駅周辺では様々な店舗を見つけることができ、思わずそののれんをくぐりたくなる様な美味しそうな店舗が繁華街には存在しています。

ラーメン

寒い冬の深夜などは寒さをしのぐ上でも、ぜひともラーメンを食べることも多く、飲みに行った時の締めで必ず食べる定番の物です。ただラーメンにも味付けには大きく分けて六つの種類に分けられ、醤油・味噌・塩・豚骨・魚貝・それらが混合しているタイプがあります。

昔ながらの中華そばであれば、鶏ガラや煮干し・昆布などで出汁をとり、それを醤油をベースにして味を付けるタイプで、あっさりとした味わいがあり、それを好まれる方もおります。

また味噌とラーメンはよく合い、麺に味噌が絡み付くことでそのうまさをアップさせる働きもあります。

こうした醤油や味噌も捨てがたいですが、自分はどうしても豚骨で背脂が浮いているスープのこってり系が本能的に無性に食べたくなり、よくそういった店を選択して通っています。

こってりラーメンの良さ

こってりとしたスープは、まず一口目のスープを飲んだ時に体が欲しがっていた濃厚な味わいで、いきなり食欲が出てきて麺やもやし、ねぎなどを一気に掻き込む形で進んでいきます。

濃厚な豚骨のこってりした味には太麺がよく合い、太麺の歯ごたえがよく、ボリューム感を与えてくれます。また胡椒と生ニンニクが置いてある店も多いため、それを放り込むと旨さが倍増する形になります。

ニンニクの臭いもきつく、帰った時によく妻に怒られてしまいますが、それで止められないです。

一見すると背脂が浮いているため、脂分が多そうなイメージがありますが、実際は見た目だけでそのスープはそのまま血となり肉となる様な感じで抵抗なく次から次へと食べられます。

またこの脂分ともやしがよく合い、もやしが淡泊な分だけ、その濃厚な味わいのスープにもよく合います。

パワフルな生活を過ごせる

よく友人に話すとそのこってりさは胃もたれを起こすということが言われますが、胃もたれを起こすというよりも胃や腸の働きが活性化され、便通が改善されてしまうことの方が多いです。

食べて次の日には必ずトイレに駆け込むといった具合となります。しかしそれでも豚骨系の良さは、食べると元気になれ、コラーゲンが豊富に含まれているため、肌の調子も良くなるといった点があります。

つまり私にとっては究極の健康食品となっており、さすがに毎日は食べ続けることができませんが、1ヶ月に1回、いや2週間に1回は豚骨ラーメンを食べ、パワフルな生活をぜひ手に入れたいです。

豚骨ラーメン

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

自分でコーヒーをドリップするのにハマっている

最近、自分でコーヒーをドリップすることにハマっています。

きっかけは、もともとコーヒーは好きだったのですが、よりこだわりを持ちたいと感じていたからです。こだわるならば淹れかたからこだわろうと思いつき、ドリップを自分でして飲むようにしています。

今まではインスタントコーヒー派

それまでは、インスタントコーヒー派でした。インスタントは本当に手軽で、粉をお湯で溶かすだけで手軽に飲むことができます。

ある程度高いインスタントであれば、インスタントであってもそれなりにおいしいです。しかし、やはり気持ち的にインスタントは何か手抜きをしているような感覚を覚えます。

やはり、好きならとことんこだわりたいというのが私の考えであるため、ならば淹れるところから始めようと感じるようになりました。

妻も喜んでくれています

私は、自動でドリップしてくれる機械を使うのではなく、自分でお湯を注いで入れるようにしています。最初はコツが掴めなかったため、味が良く出なかったのですが、慣れてくるうちに自分の好みの味を出せるようになってきました。粉の量や粉を蒸らす時間なども、感覚的に覚えてきたので、今なら自分好みの味を出すことはできます。

うれしいのは、妻に淹れてあげるととても喜んでもらうことができる事です。

やはり、普段家事をやっている妻にとって、誰かから何かをやってもらえることはうれしいらしいので、自分でも積極的に淹れてあげるようにしています。

妻もコーヒーが好きであるため、とても喜んでくれます。一緒の時間をとれる時には、二人で私が入れた物を飲んで休息することもあります。

これがインスタントであれば味気ないかもしれませんが、自分が淹れた物であることから、何となくその時間も至福の時であると感じます。

もっとこだわりを持っていきたい

現在はカップにはこだわりを持っていませんが、次はカップやドリップ、フィルターなどにもこだわっていきたいと思います。

色々な種類がありますので、それぞれの利点を把握しながら、自分の好みに合うものを見つけていきたいです。

木かいとは違ってそこまで値段的には高いものでもありませんので、少し試しに買って違いを実感してみるのも良いかもしれません。

趣味としてもなかなか奥が深く、実際に飲むので実用性も高いです。それに、充実した感じを味わえるので、これからも極めていきたいと考えています。

自分でコーヒーをドリップするという趣味は、私にとっては生活の一部となりつつあり、それが仕事への活力にもつながっているので、良い傾向です。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

久しぶりに家族で外食

子どもが生まれてからというもの、外食というのはほとんどしてきませんでした。
赤ちゃんを抱えての食事はかなり大変ですし、お店にも迷惑になりかねません。
僕も妻も気を使ってしまってゆっくり食事どころでは無くなってしまうし、色々考えると家で食べた方が何かと便利だということに落ち着いて外食をしようという気さえ起きませんでした。

妻からの衝撃的な一言

また、僕は仕事関係で夜飲みに行ったりランチに外で食べたりと、わりと外食をしていたこともあり、それを不満にも思っていませんでした。
しかし、ある日衝撃的な事実が発覚します。
妻がポツリと「たまには外で食べたいねー」と言ったのです。
この時は、本当にかなりな衝撃を受けました。
確かによくよく考えれば、妻は日中子どもの世話でずっと家にいますし、夜は晩御飯を作って僕の帰りを待っていてくれていますから、自分で作った食事以外食べる機会が無いな、ということに気づいたんです。
その瞬間、なんだか本当に申し訳なくなってしましました。
毎日子どもの世話をしながら食事を作るなんて大変だろうに、それを慮ってやれなかったと後悔しまくりです。

久しぶりの外食

というわけで、今日は久々に家族全員で外食に行くことにしました。
最初、妻に外で食べようと提案した時は、やはり小さな子どもの事もあり少し渋っていたのですが、子どもメニューもあるようなファミリーレストランということと、人があまりいない時間に行く事を提案するとようやく妻も「それなら」と乗ってくれました。
ランチタイムを過ぎ、夕ご飯というには早めの時間にファミレスに行くと、案の定人は少ないので、多少子どもがグズっても大丈夫なので安心です。
事前に、夕ご飯を食べなくてもいいぐらいいっぱい食べようと決めていたので、思う存分料理を注文しました。
妻も久々に夜ゆっくりできると喜び、いつもなら頼まないような量を頼んでいて、ようやく僕もホッと一安心です。
しばらくは僕が子どもを抱っこし、料理を頬張る妻をしばらく眺めていました。
多少うざがられましたが、やはり家族が喜んでいる姿を見るのは僕にとって喜びです。

妻とゆっくり食事ができました

最後にデザートまでキレイに食べて、僕も妻もお腹いっぱいでしばらく動けませんでした。
更に、心配していた子どもも全くグズる事無く、なんなら途中からぐっすり眠ってくれたので、妻と二人でゆっくり食事ができたぐらいです。
子どもながらく空気が読めるというか・・・親孝行してもらった気持ちです。

今後はなるべく、1ヶ月に1回でも外でご飯を食べるようにして、少しでも妻に喜んでもらいたいと思います。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

ビール

いつもは発泡酒。今日はビール!

仕事から帰って、一息ついて飲むお酒はいつだって格別です。
特に夏の暑い日なんかは、家に帰ってから飲むビールのために仕事をしていると言っても過言ではありません。

至福の時間

カシャプシュという音を立てて缶を開け、グビグビと胃に流し込む瞬間は至福の時間と言ってもいいでしょう。

そんな人生の中のささやかなお楽しみタイムですが、子どもができてからは少し状況が変わりました。

あ、状況が変わったと言ってもお酒をやめたとかそういうわけじゃなく、発泡酒に変えたのです。

勘違いしないでほしいのですが、これは妻から強制されたわけではありません。

節約

子どもが出来たとわかった日から、今後のお金のことなどを考えたときに、かなり節約する必要を感じました。そこで、200円のビールを買うのか、100円の発泡酒を買うのかと自分で自問自答し、発泡酒を選択したのです。

たかが100円、されど100円。

仮に毎日1缶飲んだとすると、1ヶ月で3,000円も節約できます。年間にすると36,000円にもなります。1缶で収まらない日の方が多いことを考えると、その差はさらに開いていきます。

これから父親になるのだという覚悟とともに、発泡酒にする決意を固めました。

とは言え、発泡酒はよくできていて、それを特に不満に思うことが無かったのが幸いした、というのが正直な感想です。

発泡酒でも問題ないじゃん、と思いました。

というわけで、毎日発泡酒で晩酌をしています。

ご褒美にはビール

そんな決意をした僕ですが、ごくたまにビールに戻ることがあります。
それは、かなり頑張った日にご褒美として飲むのです。

まさに今日は大きな仕事が一段落した日で、開放感が半端ありません。

こんな日の晩酌は、贅沢にビールにしようと決めています。今日も500ml缶を2本買い、家に帰りました。

妻が「今日は何かいいことがあったの?」と聞いてくるぐらいご機嫌だったようです。

缶を開け、グビグビと流し込んだビールはやはり特別美味しかったです。

発泡酒でも遜色ないと思っていましたが、久々に飲むと全然違うものですね。

ご褒美感もプラスして、発泡酒に変える前より格段に美味しく感じました。

お金に余裕があったら昔のように毎日ビ-ルを飲んでいたかもしれません。

でも、たまにご褒美として飲む方が何倍も美味しく感じられるので、この経験ができるという事を鑑みると、普段は発泡酒にしておくのも悪くないな、と思うのです。

今日の一杯も格別でした。また、こんな経験ができるように仕事を頑張りたいと思います。

時間が足りない!

私は時間が足りないと本当に思っています。朝から仕事をしに行き、夜遅くに帰宅するような毎日を送っています。

余裕のない暮らし

仕事で疲れてしまうので、家ではあまり趣味などに使う時間がありません。仕事が忙しいのは、仕事量が多いこともそうですが、納期に間に合わせるためには残業をせざるを得ない仕事柄であるためです。

したがって、家に帰るころにはくたくたになって寝てしまい、次の日にまた朝早くに通勤をするというスタイルの生活を送っています。

また、休日は休日で、平日に仕事をたくさんしているため、疲れて一日中ごろごろするという生活を送っています。

もちろん平日に比べると多少の余裕は有りますので、少しは趣味として使える時間は有りますが、疲れている時などはやはり何もしないことが多くなっています。

マイホームを購入するという目標

そのため、もっと余裕のある暮らしがしたいというのが本音です。しかし、小さな生まれたばかりの子供がいますので、その子の将来のことを考えると、やはり今は生活のためのお金を稼ぎたいというのもまた本音です。

本当につらい生活ではありますが、このことがあるからこそ頑張っていくことができています。

今のところの目標は、マイホームを購入することです。現在賃貸物件に住んでいますが、子供の将来のことを考えれば、のびのびと暮らせるマイホームがあった方が良いからです。

また、自分としても自分の家を持つことは昔からの夢でもありましたので、頑張る気力は十分にあります。もちろん、すべてキャッシュで買う予定ではなく、ある程度の頭金を用意したうえで住宅ローンを組んで購入する予定です。

全額を住宅ローンで組むことも不可能ではありませんが、やはり将来へ負担を残したくないというのが本音です。

家族の為に働き気持ち

したがって、現在必死に頭金を貯めている状況です。すべての余剰資金を玉金にするのはさすがに何かあったときに困りますので、ある程度の生活予備費も併せて残るように、貯金をしています。

以上のような理由がありますので、現在は仕事量が多いことも残業が多いことも、実はそこまで気にはしていません。

もちろん、自分も人間であるため、好きなことに時間を使いたいと思うことは有ります。

しかし、それ以上に、現在は子供のため、家族のために働きたいという強い気持ちがあります。

これは、家庭を持つ前には考えることはなかった勘定です。独身の頃の方が余暇に使える時間はたくさんありましたが、現在の方が生活上のモチベーションは高いです。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

距離感

新卒君との距離感がつかめない

新年度を迎えますと、新卒者の新入社員が会社に入社してきます。

いくら終身雇用の時代が終焉を迎えて転職が当たり前の時代を迎えたとしても、会社としては新入社員から入社してきた人材を大切に育てたいため、新入社員に教育係をつけたり、新入社員ができるだけ早く会社の雰囲気に馴染めるように配慮します。

縮まらない距離感

ところが、会社の人間が新入社員に近づいてコミュニケーションを図ろうとしても、なかなかその距離感を縮めることが出来ないことが多いのです。

新入社員とコミュニケーションがうまく図れない要因は、新入社員との距離感をつかめないことにありますが、では、距離感をつかむことが難しい要因はどのようなものなのでしょうか。

まず、社会常識の差が要因として挙げられます。会社員として仕事をしていますと、内部や外部の人たちと常にコミュニケーションを図っている状態です。

時と場合によって異なるコミュニケーション方法

様々な人たちと接していく中で、仕事のスキルが向上していくだけでなく、社会人としての常識が身についていくのです。会社の内部では、同僚との接し方や上司に対する言葉遣い、さらに難易度が高くなりますと社内営業であったり稟議を通すための根回しをしたりします。

社外の人に対しては、そのような人たちと仕事に関わってどのような関係になっているのかという相関図が理解できる能力が必要となります。

自分が営業の立場となるのか、それとも顧客の立場となるのか、それによって仕事の方法が変化していきます。つまり時と場合、場所によってコミュニケーション方法が異なってくるのです。

新入社員はそのコミュニケーションの方法を体得していない状態ですので、誰にでも同じようにマイペースで接してしまいます。ですから、一緒に仕事をする上で距離を縮めることが難しいのです。

コミュニケーションの回数を増やすしかない

また、近年の新卒者は、SNS全盛の時代に育った人材です。インターネット上におけるコミュニケーションは得意としていても、実際に人と会って話をするということが難しい新卒者が多いのも事実です。

どのようにコミュニケーションを図って良いか分からず、距離を縮めることが出来ないのは会社にいる人だけでなく、新卒者として入社してきた新入社員も同様なのです。

この距離を縮めるには、とにかく話をしたり積極的に食事に行くなどして、コミュニケーションの回数をこなしていくしかないのです。

場数が多いほど、人は雰囲気に慣れて場の空気を読めるようになりますので、新卒者として入社してきた新入社員も、会社の人との距離を縮めることができるのです。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

出世

自己啓発本のようにはいかない世の中

最近では生活がかなりマンネリになってきているので、自己啓発本を読んでみました。読んでみたらかなりいいことが書いてあって、いろいろと実践するようにもしたいと考えるに至ったのですが、なかなか実戦に活かせないことも分かってきました。実際はなかなか本のようにはいかないのです。

自己啓発本のようにはなかなかいかない

特に現実はかなり厳しいということを感じます。上司もいればなかなか分かってくれない部下もいます。

そのような中で本に書いてあるようなことをやろうとすると、いろいろな障害にぶつかります。まず目立つ行動は企業の中ではかなり御法度です。

自己啓発の本ではすんなりとやっているようなことがなかなか出来るものではないのです。例えば職場には朝一に行って挨拶をするようにしようというものがありますが、朝一に行くにはかなり早く起きる必要があるので、まずこれが難しいことになります。

何度かやりましたが、朝一に行くとまず守衛でカギをもらって、新聞を上司の席に配るということもしないといけないので、なんかうっとうしい感じになってしまいます。

これがすんなりと出来るように自己啓発本には書いてあるのですが、これがなかなかすんなりと出来ません。

カギを置くところが分からなかったり、警備がちゃんと解除できていなくて怒られるなど逆にマイナスになるようなこともあり、これなら朝一に行くのはやめておこうということになりました。

なにもかもおかしくなってしまう

また、挨拶も急に元気にし始めると妙にみられる感じもありましたし、微妙に変えても依然と変わらない感じですから、特にたいした効果も期待できそうにありません。

週末には勉強をするようなことも始めましたが、会社で仕事に役に立ちそうもないとなかなか身が入りません。

会社の仕事はやはり会社でしないと効率も悪くてやる気が出てこないのです。会社に休日に行くことは禁止されていますし、だまって出社するというわけにはいきませんから、やはり休日は休みにするかという感じになってしまいました。

読んでいる段階はいいけど・・・

自己啓発の本は読んでいる時や読んだ後はかなりいいなと思うのですが、いざそれを実施するという段階になるといろいろな問題点が出てくるものだということを実感しています。

最近では英会話を会社の行き帰りに聞くようにしていますが、イヤホンを使っていると、他のことに集中できなくなるので、歩いている時はやめて、電車の中だけで聞くようにしています。

すると、あまり時間がないので、それほどの効果を発揮できていません。現実はなかななか難しいものです。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

なんか仕事の愚痴しか出てこないな

最近、仕事が忙しいです。
納期が近いという事もありますが、原因はメンバー間がうまく行っていないからだと思います。

僕の直属の上司があまり仕事ができる人ではなく、スケジュールや確認作業などをどんどん進めていって欲しいのになかなか決めてくれなかったり、的はずれな事を言ってきたりするので、それだけでなんだかどっと疲れてしまいます。

しかし上司に従わざるを得ない

しかし、上長の決定無しには何も進められません。
半ば強引に「いいですよね?!」とこちらが押し切ることもしばしばです。
あまりにこういうことが続くと、僕より給料もらってるんだからしっかりしろよ、となんだか悪口のような事ばかりが頭に浮かんでしまって自己嫌悪に陥ることもあります。

更に頭を悩ませているのが、いつも楽をしようとする同僚です。
僕と同期でずっと同じチームで仕事をしていますが、こいつがどうも手を抜く事が多く、注意はしているのですがなかなか改善されることがなく、結局僕が尻拭いをしている状況なのです。
忙しい時に限って体よく外出なんかを入れて、それらの仕事から逃げようとするのにも腹が立ちます。

愚痴ばかりが出てくるようになった

というわけで、最近は仕事に関する愚痴ばかりが口から出てきてしまいます。
どうやら疲れが顔に出ているようで、妻から最近疲れてるね、と言われるようになってしまいました。
妻にこのことを話そうかとも思うのですが、妻にとっては知らない人の話ですし、彼女だって子育てで疲れているのだから自分だけが愚痴るのはよくないな、と思いなるべく愚痴らないようにしています。
とは言え、たまに我慢できずに話を聞いてもらったりするのですが。

発散の場としてブログは適している

最近ではこのブログで発散できるので大変助かっています。
職場ではなかなかこういった愚痴は言えませんし、家に持ち込みたくないと思っていたので、ちょうどいい発散の場なのです。
ただ、そう考えると、女子はやはりすごいですね。
一度だけ、同僚の女子社員達とランチに行ったことがあるのですが、愚痴やら文句やらが出るわ出るわで驚いた事があります。
以前テレビで、女子はお喋りすることでストレスを発散できると言っているのを見たことがありますが、まさにそういう感じでした。
それに比べると男性陣はわりと自分の内に閉じ込めてしまう所があるので、ストレスで体を壊してしまったりするのかもしれませんね。
僕もうまくこのブログを使ったり、妻に協力してもらったりして、ガス抜きをしていきたいと思います。
文句ばかりなのもよくないですが、我慢するのも体によくなさそうですもんね。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ