書類

ドキドキの有給休暇申請

日本では有給休暇の制度がありますが取りにくいことで有名です。

私の職場でも有給休暇を取っている人は少数派です。職場の人たちは何か急な用事があるときにだけ有給休暇の制度を利用しています。

日本での有給休暇

本来はゆっくり体を休めるための制度のはずです。しかし日本ではなぜか職場の人たちに迷惑がかかると考えられており取りにくい傾向があります。

アメリカやヨーロッパなどでは数週間から数か月の休暇を取るのが当たり前です。海外では誰かが長期の休暇を取っても他の人が仕事を補う仕組みが存在しますが、日本にはありません。

私の職場では残業も多くある程度の時間がきたらタイムカードを切って働きます。休日も人手が少ないため無給で出勤することがあります。

職場で働く者同士お互いに助け合う精神は素晴らしいと思いますが、十分に休養できないと体が参ってしまいます。日本でも長期的な休暇が可能となるための現実的な仕組みが必要です。

現実的に国が動くべき

例えば有給休暇の取得状況を国に申告するなどの制度を設ければ、もっと取得率は上がると思います。企業が効率的に経営を行うために人件費を削るのは一般的なことですが、誰かが休暇を取った場合に仕事を引き継げないようでは困ります。職場の人員にはある程度の余裕が必要です。

職場の人たちが忙しく働いている中で休暇の申請をするのは緊張しますが、労働者の権利を行使できないのは問題だと思います。なるべく休暇を申請しやすい体制を整える必要があります。

日本経済は長期的な不況と言われていますが、働くばかりでお金を使う機会がなければ経済は回りません。みんながきっちり長期的な休暇を取って旅行に行くなどでお金を使うようになれば、経済も上手く回るようになります。

また長期的な休養で体力をしっかり回復させれば、仕事の効率も高まります。人間には働くだけでなく休養も必要です。

労働と休養のよいバランスを実現できれば、みんなが豊かに暮らせるようになります。私もできれば長期的な休養が欲しいです。

休息は仕事の効率を上げる

日本人は頑張りすぎだと思います。例えば勉強などで結果を出すには、結果を出すための効率的な学習方法を習得することが重要です。

計画的で効果的な学習方法が身についていなければ、何時間学習を継続しても結果を出すことはできません。

また日本のプロ野球選手はアメリカの選手と比較して選手寿命が短いとされています。これは日本の野球選手が中学生や高校生の頃にかなり無理な練習を繰り返すことが原因と言われます。

人間が結果を出すには休養が必要です。私の職場にも有給休暇を取りにくい空気はありますが、勇気を出して申請してみたいと思います。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

定時に帰ったのいつだっけ?

定時で帰ることができる人というのは今の日本にどれだけいるのかなという感じですが、自分も最後に定時で帰ったのはいつだったのかなとわからないぐらいになっています。
1時間ぐらいの残業で帰ることができたときには、今日は早く帰ることができたなと思うレベルで2時間の残業は当たり前、3時間からようやく残業という感じです。

社内での居場所がなくなってしまう為言えない

それでしっかりと残業代がつけば良いのですが、満額つくということはなくサービス残業の時間も多いためなんでこんなタダ働きをしなければならないのかと思ってしまいます。
最も会社に請求をすることができない自分も悪くて、働いた分だけ給料をもらうのは当たり前のことですからそれを主張すればいいだけのことなのですが、それをやってしまうと社内での居場所がなくなってしまいますから言い出しにくいです。
雇われの身の弱い部分ではありますが、逆に余計なことさえ言わなければ会社は労働者を簡単にクビにすることはできないわけで、ある意味お互い様かなと思う部分はあります。

守られない定時なんてなくなればいい

しかし、そのようなことを考えていると自分は会社によく飼いならされているのではないかと考えることがあり、やはり権利はしっかりと主張すべきで未払いの残業代をきっちり払ってもらおうと言ってやろうといつも思ってはいるものの、結局は実行に移すことができません。
それだったらせめて決められた時間に帰ることができるようになってくれればいいと思うのですが、決めれた時間で帰れないのが当たり前で、定時って一体何なのと思ってしまいます。
なまじ、この時間に帰ることができるというあってないような決まりがあるからこのような気持ちになってしまうので、いっそのこと守られることがない定時なんてものはなくなってしまえばいいのにと感じることがあります。

気づいたら残業してしまっている自分

ただ、それを日本でやってしまうと本当に24時間常に働かされかねませんから、形なりともこの時間に帰るという目安があるのは意味があるのかなと思います。
全ては景気が悪いのが原因なのでしょうが、せめて支払われるものが支払われるか労働時間が短くなるかどちらかでもないと本当につらいです。
仕事自体はそこまで嫌いなわけではありませんが、生活のためお金を稼ぐためにしているわけですから、無休で延々と働かされるというのは納得の行くものではありません。
だからこそ今日こそはしっかりと定時で上がってやると出社をするときは思っているのですが、気づいたときには1時間2時間と残業しています。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

時計

今日もサービス残業ですよ

いつものことなので特別何か思うわけでもないのですが、今日もまたサービス残業をしてきました。
残業代がしっかりとでていれば、年間でどれだけの金額になっているのかなと思うと憂鬱な気分になってしまうものですが、今の御時世仕事があるだけでもありがたいのかなと思うこともあります。
給料自体が極端に悪いということもありませんから、残業代が給料に含まれていると考えれば中の下ぐらいかなと感じます。
しかし、本来であればもらうことができるはずのお金が払われていないわけなので、残業代が出るというルールで働いている以上は残業代を出してもらわないと困ると思ってはいるのですが、それを口にすることができないものです。

サービス残業

今の職場に対する不満として一番大きなものがサービス残業で、これがなければそこまで悪くないかなと思うのですが、無給で働かされていると思うとかなり大きな不満になってしまいます。
今の時代はどこでもそれほど変わらないのかもしれませんが、何と言ってもお金のために働いているわけですから働いた分の給料がでないというのは納得できません。

実質強制的な残業

そのように思う一方で請求をしない労働者が悪いと思う部分もあり、お金をくれないのであれば働かなければ良いのではないかと思うのです。
少なくとも会社側がはっきりとサービス残業を矯正するようなことはなく、あくまでも労働者側がサービスで残業をしているという形になっているわけですから、不満があればしなければいいだけで労働者側が勝手に残業をするからこのようなことになっているのではと考える時があります。
もちろん、強制ではないと言っても実質的には強制に近い形で無給残業をさせられているわけですが、それでも選択権は労働者側にあるので不満があれば拒否をすればよく、むしろ拒否をしなければ行けないのではないでしょうか。
弱い立場ですから何も言い返すことができずに会社の言いなりになっていますが、弱い立場だからこそ正当な権利は主張して労働者としての立場を守ることが大事なような気がします。

スキルアップして待遇のいい場所に移るしかない

気持ちとしては正当な権利は主張してやろうと思うものの、それをすることによって会社での居場所がなくなってしまうと思うと怖くて何もできず、結局は会社の言いなりのままだったりします。
自分に能力があればサービス残業なんてことをしなくて済むわけですから、不満をぶつけることもできないのであれば、スキルアップをして待遇のいい場所に移ればいい話なんですけどね。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

さとり世代が羨ましい

いつの時代にも、大人世代と若者世代の間には、なかなか超えることができない考え方や感じ方の壁があるもんなんだなと、思ってしまうことが時々あります。

そういったことは、職場に新卒で入って来る連中のような、プライベートでは関わることがない若者たちと接する時によく思うのですが、間違いなく向こうの方も、おじさんの考えることはよくわからないよ、と思っているんでしょう。

心のすれ違い

とは言え、僕にも当然若者と呼ばれた時代があったわけです。その時関わっていた年上の人たちからすると、あいつのような若造は何を考えているかわからないと思われていたはずですし、最近の若い奴らは、みたいな言い方をしている年上の人たちを見ると、嫌な気分がしていたのも確かです。

そしてそういったことは、その時の年上人たちが若いころにも感じていたことで、そういった心のすれ違いの連鎖はこれからもずっと続いて行くのでしょう。

さとり世代はガツガツしていない

また、今のさとり世代と言われる若い連中を観ていると、こういうところは駄目だなと思う部分もあれば、自分もこんな風だったらな、みたいに羨ましいと思う部分もあります。

ただ、彼らもさとり世代なんて一括りにして言われると、自分たちにも個性があるぞと反論したくなるでしょうし、自分たちも叔父さんたちと一括りにされるといい気分はしないものではありますが、同世代の人間にはけっこう共通していると感じる部分があるものですし、羨ましいという肯定的な話の中なので、今回は良しとしておきましょう。

さとり世代が羨ましいと僕が特に感じるのは、若いのに色々なことに対してガツガツしていないという点です。

僕らの世代はどうも、物欲を始めとする色々な欲に弱いと感じます。僕も若いころは特に物欲が強くて、例えば趣味に関するものであれが欲しいと思ったら、別に生活の役に立つわけでないのに、食費を切り詰めたりしてその費用を捻出して手に入れると、それだけですごく満足してうれしい気分になったものです。

いろいろな意味で自由

でもそこまでして買ったものも、実際手に入れてみるとそう長い間魅力を感じることはなく、今は家の中のどこかにしまい込んだままです。今思うと、あの時あれを買ったお金を貯金しておくべきだったという後悔することも、一度や二度ではありません。

そういった感じで、何かに対する欲があるとしんどい思いをしたり、後で後悔したりすることにつながりがちです。

その点さとり世代の連中は、物欲もあまりなければ、恋愛についての関心も少ないとよく言われています。彼らはそういった欲からは、言ってみれば自由なところで生きているのかも知れません。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

出世

いつになったら出世できるのやら。。。

ネットとかでニュースを見ていると、自分と同じ位の年齢の人で、自分よりも階級が上の人とかの記事を見る事も少なくありません。
もちろん人は人、自分は自分と思う所もあるので、その記事だけで左右される事は無いのですが、やはり時々思います。
いつになったら出世できるのやら、と。

将来の計画

本当に、もしこのまま出世できない状態が続いたら、どうなってしまうのでしょうか。
今はまだ子どもが小さいからお稽古事の費用とかも掛からないし、服とかも高い物を買ってあげなくもて文句言われる事はありません。
オムツ代とかは必要になるし、その他もろもろの成長に必要なものとかの出費はありますが、節約すれば何とかなるレベルです。
ただこのまま子どもが小学生になり、中学受験をして私学に行き、さらに高校大学までいった場合、その場合の教育費はバカになりません。
こればかりは節約して何とかなるレベルではなく、本気で何とかしなければならないレベルでしょう。

収入を安定させる

では、将来出来るだけ安定した生活を送る為にはどうすれば良いかと言うと、やはり収入を安定させる事が必要不可欠です。

そう考えると、やはり今のままではダメで、出世しなければならなくなって行きます。
仕事は出世ばかりではないというのは頭でも分かっていますが、やはり今よりも上に行きたいと思ったりします。

じゃなければ生活を維持する事も出来ません。

ただ、こうして仕事をして、そして職場では上司に色々と言われて教育されたりする事も少なくありませんが、やはり現状でとどまってるのではなく、出世と言うゴールを設定しておきたいと思っています。

いつになったらできるのか、もしかしたら出来ないのではないか、いつまで経ってもこのままで生活しなければいけないのかと思うと、どうも心も沈んできてしまいます。

しかしここで途中経過でも良いので自分の進むべき所やその時期が分かっていると、やる気に繋がると思います。

今は自分のポテンシャルをアップさせることに集中する

とりあえずいつになったら偉くなれるの考えるとどうも悪い方を考えてしまい、心が沈んでしまう場合もすくなくありません。
とはいえ、沈んでいてもしょうがないし、何より現状を打破できるわけではないので、今の自分のすべき事をしようと思っています。
そして自分のポテンシャルをアップさせる事ができれば、きっとどこかのタイミングで上に上がって行く事が出来るかなと思っています。
とりあえず今は現状で文句を言うのではなく、修行の途中だと思っておくつもりです。

>>副業を考えているオレの他愛のないブログ

ハンバーガー

いくつになってもハンバーグが好き

ハンバーグと言えば、子供に人気のあるメニューの1つ。世間一般では子供っぽいイメージを持たれていますが、僕はこの歳になってもハンバーグが好きです。晩ご飯のおかずとして、これほど美味しく飽きないメニューはありません。

ハンバーグの良いポイント

どうしてそんなにハンバーグが好きなのか。ポイントは3つあります。まず、単純に美味しい事。肉汁を使ったソースをかけたひき肉の塊が、これほど美味いという事を一体誰が発見したのでしょうか。もし、タイムマシンが使えるようになって過去の時代にさかのぼれるのなら、この料理を作りだした人物に一言お礼を言いに行きたいくらいです。

柔らかい口当たりに、噛んだ瞬間に深みのある肉とソースの味わいが広がっていく。そして、この濃厚な味わいを楽しみながら、ご飯を口に入れた後の幸福感。その瞬間、顎がしびれる感覚は美味しい物を食べている証です。テレビの食レポのように食べておいしいと感想を出せる物は多くありますが、それはただ頭の中で「今、美味しい物を食べているんだ」と考えているだけの事。体が美味しさに反応する料理というのは、そうそうあるものではありません。

気軽に食べられる

次に、気軽に食べられる事。世の中に肉料理は数多くあり、それぞれに美味しさがありますが、そう頻繁に食べたくなるような物ではありません。例えば、焼き肉は手軽で美味しく食べられる肉料理ですが、どうしても匂いがきつくて翌日は体や服が大変な事になってしまいます。30代になりビジネス面での責任がより一層増している中、エチケットで問題が生じるのは厳しい。

それならステーキはどうかというと、これは費用の問題が生じます。A5ランクの国産牛のステーキは、確かに美味しいものです。しかし、外食として気軽に食べに行くのは難しいですし、まして晩ご飯のメニューとして定期的に食卓に上げるのは難しい。目の前で焼いてくれるお店の場合は、やはり翌日のエチケットも気になります。

妻が作ってくれる

そして、何より重要なのは妻が作ってくれる料理という事です。焼肉は自分で焼いて食べる物、ステーキもシェフが焼いてくれた物を食べる物、美味しい物ではありますが他人の作った料理に過ぎません。料理は愛情が隠し味と言いますが、やはり結婚するほど好きな人が作ってくれる料理というものは特別で、一味違うものです。

これから大きくなっていく息子もきっと、妻のハンバーグを気に入ってくれるでしょう。息子が大きくなって、妻の作ったハンバーグを一緒に食べて、二人で美味しいと感想を言ったら妻はどんな顔をするでしょうか。息子は妻が大好きですし、妻も息子が好きですから、お互い美味しいし嬉しいに違いありません。私はというと、そうなる前に妻に愛想を尽かされないよう、一層の努力が必要でしょう。